Whizのブログ

ここは同志社大学アカペラサークルOne Voicesに所属しているバンドWhizのブログです。
× プロフィール

ほーりぃ☆

Author:ほーりぃ☆
FC2ブログへようこそ!

× 最新記事
× 最新コメント
× 最新トラックバック
× 月別アーカイブ
× カテゴリ
× 検索フォーム
× RSSリンクの表示
× リンク
× ブロとも申請フォーム
× QRコード
QRコード
  • 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
× スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



× いま わーかれーのーときー♪


どうも 土曜日が間近に迫っている金曜日ごーせです。
と、いうことで本日適当更新。

私たちの大学は来週が卒業式です。
われらが同志社大学は 学生数が多いので、学部学科によって卒業式の日が違います。
しかし、Whizの卒業者3名(‥あれ??)はみんな同じ学部なので、じろぽんとなっちゃんと私が21日にそろって卒業します!

皆と同じような恰好はしたくない!!!
と、わがまま言って選んだ袴で、鬼のようにお金飛びました。
白地にきれいな柄が入ってるのです。
着物も市松模様に花柄で、私の大好きな「柄on柄」です!!!
衣装屋さんの「こんな人は、ほかには絶対居ませんね!!!」という、聞き方によっては悪口にもとれるような売り文句で落ちました。

袴だけでなくて、今まで好き勝手させてくれた両親に感謝。
金喰い虫でごめんなさい。
これを最後にしばらく両親に迷惑はかけないようにしたいですね。

謝恩会用のワンピースもミントグリーンでデコルテにリボン型の透かしがはいっている、かわいいの買ってもらいました。
あんまりドレスドレスしたものを着たくなかったので、きれいなミントグリーンで逆に目立ちますよーっ。

あとはヘアセットとネイルですね。
女子は金かかります。

でも、そのぶん卒業式がほんとにたのしみ!!!!!
また来週、写真をお届けできればいいな。

ではでは、今日はこのへんで。
よい週末をお過ごしくださーい。
スポンサーサイト



× ドはドーナツのド レーはれもんのレー♪



家に帰って 缶チューハイを開ける喜び。
飲んだくれの金曜日ごーせです。
春に向けて 今 確実に丸くなっていっておるよ。
カロリ。のアロエヨーグルトチューハイが美味ですよ。
カロリ。といえど、やはりソーセージとかつまんでしまうので、摂取カロリーは尋常ではないはず。
恐ろしい。恐ろしいぞ。

さて。
時間のあるうちにやっておきたいことをやっていこうキャンペーンの一環で、関西で上演中の劇団四季のお芝居を観に行きました。
京都劇場で上演中の『マンマミーア!』と大阪四季劇場で上演中の『サウンドオブミュージック』ですね。
『マンマミーア!』も、かの有名なカーテンコールを含めとっても楽しかったですが、『サウンドオブミュージック』はもっと素晴らしかった!

映画を見たことがあるので ストーリーは知っていましたが、生の舞台で改めて感動させられたのは『サウンドオブミュージック』に登場する曲たちの魅力です。

喜びに溢れた『ザ・サウンド・オブ・ミュージック』の壮大なメロディ。
お洒落で、秘密めいた『私のお気に入り』。
甘酸っぱい恋の香りがする『もうすぐ17歳』。
おどけて歌う『ひとりぼっちの山羊飼い』の楽しさ。
なんといっても抜群に元気のでる『ドレミのうた』。
トラップ大佐を中心として、一家が祖国の誇りを歌う『エーデルワイス』。
時計じかけのフリが可愛い『さようなら、ごきげんよう』。

絶対に誰もが1度は聞いたことのある、いわばありきたりな曲ばかりですが、トラップ一家が歌う度、胸が幸せでいっぱいになりました。
音楽がいつでも傍にある幸福。
声をあわせて歌をうたう喜び。
そんな想いに溢れたミュージカルでした。
四季のミュージカルは平均的に良いものをみせてもらえるので、結構色々観ていますが、『サウンドオブミュージック』は本当にええもん観た!という感じでした。

子役の子たちもみーんな可愛いんだな。
末っ子のグレーテルなんて、あんなに小さくて可愛いのに、元気いっぱい歌って踊って。
たくさん笑顔をもらえました。

グッズも本当に可愛くて、お土産にドレミのうたチャームを購入。
しあわせの「シ」が特に可愛かったけれど、結局私の頭文字の「ソ(G)」のチャームにしました。

このミュージカルは6月で大阪を離れるので、まだの人は是非。
オススメです。
ミュージカルはなぁ‥なんて人も聞いたことある曲ばかりだし、楽しめるのではないかなー、と思います。

この元気を胸に、私も解散まで元気に歌っていきまーす。
ドレミファソラシ ド・ソ・ド♪!


では、また来週。
皆さま よい週末を。



× あかりをつけましょー


どうもー 金曜日ごーせでございます。
アカデミー賞の授賞式が放送されてますねえ。
私の大好きな洋ちゃんも初ノミネート。
「探偵はBARにいる」、最優秀主演男優賞とれるかなー。
とれないだろーなー。←

そんなことはさておき、ご無沙汰している間にすっかり3月ですね。
ここまできたら、と寒かろーがなんだろーが最近は春服を強行突破で着ております。
3月っていう響きに暗い色はやっぱり似合わないな。
最近は久々に、明るい色をどんどん着たい欲がもりもり湧いてまして。
サーモンピンクのセットアップとか、明るい水色のパンツをはいて元気だしてます!

3月といえば、明日はひな祭りですね。
2月の終わりからうちの玄関先にも、7段のひな人形が飾られております。
下から梅の木や菱餅、おじさん3人、おじさん2人、五人囃子、三人官女そしておだいりさまとおひなさま、より派手なおだいりさまとおひなさま。
(おじさん方は三歌人と右大臣&左大臣なのですね。あんまり意識してなかったけど、覚えておこう‥。)
そうなのです。
うちにはおだいりさまとおひなさまのカップルが2組いるのです。

私が幼い頃はマンション住まいで、優しいほうのおだいりさまとおひなさまの2人だけが飾られていた覚えがあります。
しかし、いつの間にやら童謡でおなじみの面々やおじさま方や派手派手カップルたちに、包囲されていたのでした。
恐らく後から現れた面々は、男ばかりの4兄妹の末っ子に生まれた母方の実家から持ってきたものなのだと思います。
頭飾りも華やかで立派な派手カップルの1段下に飾られ、昔から居たほうのカップルはちょっとかわいそう。

私は昔から居た2人のほうが、やっぱり好きなのです。
おだいりさまの着ている、やさしいうぐいす色が、春らしくて好きなのです。
今のほうが豪華で立派で美しいけど、和室に2人きりで寄り添っていた光景を思い浮かべると、あの時のほうが幸
せなお顔だったかもしれないな、なんて ふと思いました。

ということで、本日はこのあたりで。
また来週お会いしましょう。



× コラムのすゝめ


どうも 金曜日ごーせです。
「光は春なのに、冬がきわまる」2月を、皆さま いかがお過ごしでしょうか。
今日も寒さが身にしみますね。
明日はもっと寒いようです。
週末なのに…。
困ったことに、冬将軍さんは手加減を知りません。


さて、と。

本日は、私が普段目をとおしているコラムについて書きましょうかね。
新聞や雑誌の後ろの方や、フリーペーパー等に掲載されているコラム。
私はこれが割と好きです。

理由としては、とにかく短いこと。
数分あれば読める尺というのが素晴らしいんですよね。
私の場合、朝ごはん・トイレの合間やお風呂の順番待ち等、『家に居る隙間時間』が大体コラムタイムなので、それぐらいの長さがベストなんです。
(通学時間はまとまった時間―なんと往復4時間―がとれるので、落ち着いて小説読んだり、ゲームしたりできるわけです。)

なかでも好きなのは、このブログにも何度か登場している、朝日新聞一面の看板コラム『天声人語』です。
冒頭の2月の説明も、今日の『天声人語』から拝借してきました。
ぼんやり浮かぶ最近の2月のイメージを、これしかないという具合に表現してもらえました。
こんなふうに思わず紙面に向かって頷いてしまうような言葉が、毎日のように綴られています。

毎朝603文字で、その時々の話題を語りかけてくれる『天声人語さん』。
(私は、天声人語を書く論説委員の方を心の中でそう呼んでいます。)
事実だけを伝える記事と違って、社を代表して社会問題を論ずる社説とも違って。
そこには、天声人語さんの想いがあって、願いがあって、ユーモアがあって。
天声人語さんが透けて見える。
聡明で、一人間として何百万という読者の心に寄り添える懐の深さを持った、お茶目で素敵な天声人語さんが。
大げさだと思われるかもしれませんが、私はそんな方に「今日も一緒に生きていきましょうね」と、励まされている心地がしています。
私は『天声人語』のファンであると同時に、『天声人語さん』の大ファンでもあるのです。
あんなに心に響く603文字を紡げる人を、―とりあえず私は―他に知りません。

そういえば、最近、朝日新聞の中一面を使って、『天声人語』の特集が組まれていました。
現在、『天声人語』の論説委員を務めておられるお二人の写真が掲載されていて、ああ、想像通りの方たちだな、と思いました。
そんな天声人語さん曰く、コラムは書き出しが1番苦労されるそうです。
できるだけ簡潔に、かつ読者を本題にいかに引き込めるか、ということに日々心を削っているそうで。
次に大事なのが結びで、短いながらも、読者がコラムならではの読了感を味わえるような言葉選びを心がけておられるようです。
当たり前のことですが、天声人語さんも毎日すらすら603文字書いてるわけじゃないんだな、と気付きました。
そのことに気付いてから、毎朝の603文字が、より愛おしいものになったのは言うまでもありません。

だから、朝日新聞をとっているけど天声人語を読んでない人がいるなら、読んでほしい。
数分のことです。トーストかじりながらでも読めます。
受験生とか就活生とかは読むと何やら役立つらしいし、読んでほしい。
私は、とうとう好きが高じて、専用ノートを購入して、書きうつしの日々をスタートさせる予定です。

‥ハッ。
今日は、天声人語の話はそこそこに最近お気に入りのコラムを紹介する予定だったのですが、天声人語について熱心に語ってしまいました‥。
末筆になりますが、紹介だけでもさせてください。
同じく朝日新聞(関西版)、水曜日夕刊の『笑い飯哲夫に聞け』。
相談者の悩みや疑問に笑い飯の哲夫さんが答えています。
これが、もうバツグンに面白い。
このコラムも、哲夫さんの人となりが透けて見えるような魅力的なコラムです。
よければこちらも是非。

私も、こんな文章を綴れるような人間になりたいな、と思う次第であります。


長くなりましたが、本日はこれにてお開き。
また来週お会いしましょう。
皆さま、よい週末を。



× はーるよこい はーやくこい。


どうもーん。
金曜日ごーせですよ、と。

節分の次の日が立春でしたね。
去年はこのブログに、立春なのに寒さの底だなんだと書き連ねた覚えがございます。
今年も相変わらず寒い日が続いておりますが、コスメやお洋服やらはすっかり春満開で 浮かれて春服を安易に着ようものなら 帰り道に凍え死にそうになりますね。
私はもうそれを経験致しましたので、皆さまにはくれぐれも同じ轍を踏まぬよう ご忠告しておきたいところです。

さて、と。


そんな寒い夜、皆さまはどのように暖をとっておられますか??
特に女子にとって深刻なのが冷えですよね。
毎晩つま先が凍りそう。
加えて私は靴下が嫌いなので、本当に困っています。

とりあえず、リビングは床暖房があるので 足元ぬっくぬくなのです。
しかし、一歩外に出るとそこはもう極寒の世界。
私の部屋の床も冷えきった板の間です。
空調の暖房をつけてもよいのですが、やっぱり喉にいいことはひとつもないので躊躇ってしまうんですよねー。
結局足元は寒かったりするし。

そんな折にいいともを見ていますと、何やら素敵な商品が。

その名も『履く湯たんぽ』!!!
長靴みたいな形でお湯を入れて履いてあったかーという商品らしく、
移動もラクラク!
ずっとあったか!
電気代いらず!

と、いう夢のような代物なのでございます。

そして、お値段なんと!!!


24500円!!!!!!


‥‥。

‥‥‥。

‥‥‥‥にまん??


春まであとすこしと自分に言い聞かせながら、レッグウォーマーとあったかルームスリッパで もうしばらく我慢しようと思います。


では また来週。
皆さま、よい週末を。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。